スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月14日 琵琶湖 強化合宿 1日目

 「琵琶湖にワカメが生息」(サブタイトル)

IMGP1128_convert_20120520174313.jpg

   水温 16~19℃ 水色:クリア~薄濁り

 とうとう来ちゃいました、憧れの琵琶湖。
  琵琶湖デビューのガイドさんは、ノリーズの黒須さん。
 朝7:00 マリーナから、ゆっくり2艇でバスボートが走り出す。


 ポイントに着くと、黒須さんおススメのカラーチョイスで、貸してくれたクランクを結ぶ。
 「可能な限り速く巻いて~」って言う黒須さんの巻きまきを見てるとハンパない。
 ルアー回収中?ってほど速く、一定に、安定して、投げる、投げる、投げまくる。

 この日は2~3mの水深を中心にルアーを通すみたいで、所によりウィードがルアーにひっかかる。
 「このワカメがちょっとひっかかってくるようになると、釣れる確率が高い」と、黒須さん。
 ワカメ以外にも、金魚藻みたいなのや、カナダモも引っかかってくるんだけど、ワカメが生えてる
所は特別いいそうです。 


 とりあえず、ワカメを取ることに専念するも、風がまったく止まって、ノー感じになると、
今度は、テキサスに切り替え、ウィードの上に置いて、ほわほわちょっとずつ引っ張ってくる。
IMGP1118_convert_20120520215056.jpg



IMGP1119_convert_20120520172923.jpg

 わたしは、テキサスに変えた途端?ちょうどお昼のタイミングで2ぴき立て続けにバスをget。
 旦那や友人はクランクで釣れてるのに、わたしには釣れない。
 飛距離とか通し方とか、いろいろ問題があるのでしょうが 
脇~背筋が痛みで悲鳴を上げつつ、激烈!高速巻き強化訓練は、夕方の釣り終了まで続く。
 
  1日を通し 投げたルアーは、クランク(ショット・オーバー2と3、オメガ)と、
新発売になるエスケイプ・スイム・ツインの小さめテキサス、この2つのみ。


 釣りの上手い方とご一緒させていただくと、釣りのテンポ間の速さに驚きます。
 普段、わたしはゆっくり(チンタラとも言う)釣りしてるので、終始、アワアワしてしまいましたが、
たくさん勉強になりました。
 しかも、1匹は46㎝の自己最高記録を更新。
 とっても優しく、イケメソな黒須さんのガイド、とっても楽しかったです。

IMGP1122_convert_20120520173129.jpg
スポンサーサイト

テーマ : バスフィッシング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

琵琶湖釣行お疲れ様です
黒須ガイドさすが釣らせますね~

上手い人のクランクって
信じられないほど速いでしょ
僕も昔サンダーシャッドのはや引きで
40うpを連発したことがありまして
それ以来このテクは効くなあと思っております

今シーズンはウィードが少なめで
例年なら他の地方から来た人は
ウィードが引っかかって悩まされるところが
比較的釣り易くいいときに来られたなあと思ってますよ

遅れましたが自己記録更新おめでとうございます

Re:

 黒須ガイドさん、とっても優しかったです。
 琵琶湖ハスが釣れちゃったら、針とってくれるしw

 こんなに高速で巻く理由は?って聞くと
「見切られちゃうから」とおっしゃってましたが、
ホント、むちゃくちゃ高速巻きですね。
 そのため、巻きもの用リールには大き目の丸いパワーハンドル付きでした。
 パワーハンドルなんて考えもしてませんでしたが、わたしもパワーハンドル
搭載してみたいなぁ、なんて考え中です。

 確かに、ウィードだらけだと、釣りがもっと大変だったでしょうね。
 ラバージグ投げたら、ウイードだらけになって、すぐテキサスに戻しました。
 
 ボート屋さんはライトリグが多いですよ、なんておっしゃってたのも
印象的でした。
FC2カウンター
プロフィール

Blue heron

Author:Blue heron
得意技:根がり、ボウズ
田辺哲男と小森嗣彦を
こよなく愛するバサーです。

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧

がんばれ!!!バッファローズ

ブラックバスをビギナーズラックで釣る人の物語2 福岡・九州

白帯のブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。